« 競争のない市場を創造するバリューイノベーションとは?(ブルーオーシャン戦略) | メイン | 移転しました »

2007年07月26日

 ■ 戦略に従う理想の組織を作り上げる“4S”とは?
第139回:戦略に従う理想の組織を作り上げる“4S”とは?

レイナ:「タツヤ先輩、最近うちの会社も組織が肥大化して、何だか組織活動の効率が悪くなってきましたね。」


タツヤ:「そうだね。組織が現状に合わなくなってきているから、ここでどうにかしなきゃいけないね。」


レイナ:「でも一体どうしたら理想の組織を作ることができるのかしら?」


タツヤ:「ああ、それには組織と戦略についてまず考える必要があるんだ。」


レイナ:「組織と戦略ですか?」


タツヤ:「そう。組織と戦略との関係には、『戦略に従ってあるべき組織を設計する』という考え方と、『組織の特性に合わせて取りうる戦略を策定する』という考え方と2種類があるんだ。」


レイナ:「へぇー。ということは戦略中心で組織を合わせていくのか、組織中心で戦略を合わせていくのかを選択しなきゃいけないってことですね。」


タツヤ:「そう。この2種類の考え方双方にメリット・デメリットがあるんだけど、現在のように事業環境の劇的な変化に柔軟に対応して方向転換を図っていくには戦略中心の考え方が重要になってくるんだよ。」


レイナ:「そういえばドラッカーと並ぶ経営学の権威アルフレッド・チャンドラーは『組織は戦略に従う』って言ってますものね。だから、戦略を中心とした組織の再設計が環境の変化に対応するために重要になってくるんですね。」


タツヤ:「そういうことになるね。そして、このような戦略中心の考え方では『4S』というフレームワークで組織の再設計を行っていくことになるんだ。」


レイナ:「『4S』?一体『4S』って何なんですか?」


タツヤ:「うん。『4S』っていうのは、『Strategy(戦略)』、『Structure(組織)』、『System(システム)』、『Staffing(人材)』のことなんだ。」


レイナ:「『Strategy』、『Structure』、『System』、『Staffing』の頭文字をとって『4S』ってことですか。」


タツヤ:「そう。戦略に従ってあるべき組織を設計する場合は、まず企業が何を目指していくのかという方向性を定めるビジョンを決定し、それから企業の全体戦略や事業戦略を立案していくんだ。ここで戦略っていうのは“計数的な裏付けを持って、実現までのマイルストーンが明確な具体的目標”や“それらの目標を実現するためのアクションプラン”、“マーケットやライバル企業への対応策”などが盛り込まれたものになるんだけどね。戦略の策定に向けては、目標と企業風土を合致させたり、施策の整合性を取ったり、自社独自の優位性を活かすことが重要になるんだよ。」


レイナ:「へぇー。戦略というのはそのような特徴を持っているんですね。」


タツヤ:「ああ。そして次に戦略を合理的かつ効率的に実行するために『Structure』を構築していくことになるんだけど、この『Structure』では必要な組織や機能、およびそれらの関連性や役割分担を定義しなきゃいけないんだよ。」


レイナ:「定義付けるってどうするんですか?」


タツヤ:「ああ。簡単に言えば組織図を作るんだよ。組織図を作ることによって、企業の戦略的狙いや社員の動き方、組織ユニットの社会的ポジションなどが明確になるからね。言ってみれば組織図は戦略を実現するための設計図の一部みたいなものだよね。」


レイナ:「組織図ってこれまで何気に見てたけどそんな重要な役割があったのね。」


タツヤ:「そうだよ。そして戦略とそれを実現するハコモノである組織ができたら次は『System』で組織を機能的に動かす仕組みとなる制度とかルールを作成していくことになるんだ。このシステムは大きく“人事制度”や“資産管理や運用ルール”、“会計制度”、“意思決定システム”の4つに分類することができるんだけどね。」


レイナ:「俗に言う“ヒト、モノ、カネ、情報”ってやつですね。『System』ではそのような経営資源を最適に配分するルール作りを行うことになるんですね。」


タツヤ:「そう。そして最後の『Staffing』では組織の機能を実現するために“誰をどこに配置するか”、“どのような人材を育てていくか”ということを決定していくんだ。ここでは必要なスキルやノウハウ、経験などの求める人材の定義を行ったり、場合によっては、積極的に人材派遣などの社外リソースを活用することも検討する必要があるんだよ。」


レイナ:「ふーん。このような『4S』のフレームワークを使えば急激な環境の変化に対応できる理想の組織を作り上げることが可能になるってことなんですね。」


+*----------------------------------------------------------------*+
【MBA講座:今回のTake Away】

◆組織再構築のパターン
1.戦略に従ってあるべき組織を設計する
2.組織の特性に合わせて取りうる戦略を策定する
→現在のように事業環境の劇的な変化に柔軟に対応して方向転換を図っていくには戦略中心の考え方が重要。

◆組織再構築の4S
1.Strategy(戦略)
2.Structure(組織)
3.System(システム)
4.Staffing(人材)
→戦略に基づいて組織や制度を構築し、人材を適切に配置することによって理想の組織を実現できる。

投稿者 MBA : 2007年07月26日 09:25