2006年12月28日
 ■ 企業の経営状況を計測するコーポレートメトリックスとは?(前編)

レイナ:「タツヤ先輩、取引先のXYZ商事なんだけど、業績がかなり悪化したらしいですね。今営業部ではその話題で持ちきりよ。」


タツヤ:「そうか。XYZ商事の社長はどんぶり勘定だからね。企業っていうのはコーポレートメトリックスを利用して常に自社の経営状況を把握しておかなきゃいけないんだけどね。」


レイナ:「コーポレートメトリックス?それは一体どんなものなんですか?」


タツヤ:「うん。コーポレートメトリックスっていうのは企業の経営状況を計測する指標なんだ。収益性や流動性、回転率の面から企業の経営状況をチェックしていくんだよ。」


レイナ:「収益性や流動性、回転率の面から企業の経営状況をチェック?」


タツヤ:「そう。それじゃあ、まず収益性指標について見ていくことにしようか。収益性指標で代表的なものは『売上』なんだ。企業が存続するためには利益を上げなければいけないだろう。企業活動には原材料を仕入れて商品を作る費用もかかれば、それらを販売する各種の経営努力のための費用もかかるんだ。だから企業は利益を上げるためにそれらの費用を上回る売上を上げる必要があるんだよ。」


レイナ:「そうね。売上が上がらなければ社員の給料も払えないし、仕入れもできないから、いずれは倒産っていうことになりますよね。」


タツヤ:「そういうこと。そして、その売上の次に見ていかなきゃいけないのは売上高利益率なんだ。」


レイナ:「売上高利益率?」


タツヤ:「ああ、売上高利益率っていうのは、売上に対してどの程度効率的に利益を上げたかを測る各種の指標なんだ。企業の業績は損益計算書に記録されるんだけど、その中でもいろいろな利益の種類があるんだよ。」


レイナ:「いろいろな利益の種類って?」


タツヤ:「うん。まずは売上総利益。この売上総利益は売上から仕入れ代金などの売上原価を引いて求められるんだ。粗利益とも呼ばれているんだよ。そして売上総利益から人件費や一般管理費を引いたものが営業利益。その営業利益から利息などの金融収支や有価証券の売買損益を加減したものが経常利益。そして、最後に固定資産の売却損益などの特別損益を差し引いたものが税引前の当期利益と呼ばれるものなんだ。」

 
レイナ:「売上総利益に営業利益、経常利益に当期利益と、一言に利益といってもいろいろな種類があるのね。」


タツヤ:「そうだね。そしてこれらの利益が売上に対してどのくらいの割合を占めているかが各利益率ということになるのさ。コーポレートメトリックスでは次のような計算式で指標を測っていくことになるんだ。」


◎ 売上総利益率=(売上総利益÷売上高)×100

◎ 売上高経常利益率=(経常利益÷売上高)×100

◎ 売上高当期利益率=(当期利益÷売上高)×100


レイナ:「へぇー、これらの各売上高利益率で売上に対する効率がわかるってことなんですね。」


タツヤ:「そう。そして、これらの指標に加えてROAも重要な指標と言えるんだ。」


レイナ:「ROA?」


タツヤ:「うん。ROAっていうのは“Return on Asset”の略で、企業が持つ総資産に対する利益の比率のことなんだ。分子の利益額は通常、当期利益を用いるんだけど、営業利益や経常利益が使われる場合もあるんだ。ROAは次のような式で求められるんだよ。」
 

◎ ROA=(利益÷総資産)×100
 

レイナ:「この式から言えることは、ROAっていうのは総資産がどのくらい効率的に利益に結び付けられているかっていうのを表す指標ってことですね。」


タツヤ:「そうだね。これらの指標を時系列で比較したり、競合他社と比べたりして収益性を常にチェックしておく必要があるってことさ。」


<次回に続く・・・>


【MBA講座:今回のTake Away】


◆コーポレートメトリックスとは?
→企業の経営状況を把握するための指標。収益性や流動性、回転率などの指標
がある。


◆収益性の指標
1.売上

2.売上高総利益率
(式)売上総利益率=(売上総利益÷売上高)×100

3.売上高経常利益率
(式)売上高経常利益率=(経常利益÷売上高)×100

4.売上高当期利益率
(式)売上高当期利益率=(当期利益÷売上高)×100

5.ROA
(式)ROA=(利益÷総資産)×100

投稿時間 : 09:38 個別ページ表示