« ビジネス統計学(上巻、下巻) | メイン | 戦略の原点 »

2007年06月04日

 ■ 経営戦略立案シナリオ
経営の根幹を成すもの、業績を大きく左右するものと言えば、言わずと知れた経営戦略ですよね。本屋に行けばこの経営戦略の本は非常に多くあるのですが、いざ自分に適切な本を探そうとパラパラ捲ってみると理論に偏り過ぎて実践にどう活かしたらいいのかわからなかったり、実際に成功した経営戦略なんだけど体系的なものでなくその会社もしくは業界だけに通用するものだったり、といった経験はないでしょうか?

今回ご紹介するのはそのような使える経営戦略の書籍がないと嘆いている方に是非とも読んでいただきたい書籍です。

その名も「経営戦略立案シナリオ」。

この書籍では理論と実践の絶妙なバランスのとれた経営戦略ノウハウが学べます。

著者は実は私の友達でもある佐藤義典さん。このコーナーでも何度か紹介していますのでご存知の方も多いかもしれませんね。

佐藤さんは早稲田大学を卒業後、NTTで営業やマーケティングの現場に従事。その後、世界的なトップビジネススクール・ウォートンでMBAを取得し、外資系企業のマーケティング責任者やコンサルタントとして輝かしい業績を残しました。そして、今やご自身でコンサルティングファームを経営し、多くのマスメディアにも登場する著名な方です。

この「経営戦略立案シナリオ」の中で佐藤さんはご自身のマーケティング経験とビジネススクールで学んだレベルの高い理論を融合して“戦略BASiCS”という独自のフレームワークを提唱しています。

“戦略BASiCS”のフレームワークを使えば、Battlefield(戦場)、Asset(独自資源)、Strength(強み・差別化)、Customer(顧客)、Selling Message(売り文句)という流れでビジネスで成果を上げる仕組みを構築することが可能になります。

非常に高度なフレームワークですが、解説はわかりやすので、どのような方がお読みになっても多くの気付きを得られることができるでしょう。

成果の上がる実践的な経営戦略スキルを身につけたいビジネスパーソンにはお薦めの一冊です。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>
◎経営戦略立案シナリオ
【対象者】 ビジネスパーソン全般
【読み易さ】 普通
【必読度】 ★★★★★(5)


詳しくはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/r3.html

投稿者 MBA : 2007年06月04日 16:34