« 経営戦略立案シナリオ | メイン | レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 »

2007年06月11日

 ■ 戦略の原点

最近は経営戦略に関する書籍を紹介していますが、今回もみなさんに是非とも読んでいただきたい経営戦略の良書を紹介したいと思います。その書籍とは「戦略の原点」。

この「戦略の原点」は現在テキサス大学のビジネススクールで教鞭を執る清水勝彦氏による執筆なのですが、非常にオーソドックスな経営戦略の基本を初心者にもわかりやすく丁寧に解説しています。

清水氏によれば、多くの経営戦略の書籍は枝葉の部分が多く、肝心の幹の部分が非常にわかりにくくなっているとのこと。私自身も多くの経営戦略に関する書籍を読んでいますが、確かにいろんなところから取ってきた理論を述べるのはいいのですが、統合性に欠け、最終的にはどのように経営戦略を構築していいのか混乱してしまうというものも少なからずあります。

また、経営戦略というのは一つの答えがあるのではなく、基本を身につけて自社の環境に応じて最適な戦略の構築を行う必要がありますから、最も重要なのは枝葉のこまごました理論ではなく、幹の部分となる基本である、という清水氏の主張は至極当たり前のことと言えば当たり前のことですよね。

この書籍は清水氏がビジネススクールで実際に学生に教えていることを纏めたものであり、各章ごとに基本から実践で応用できるように多くのケーススタディも挿入されていますので、経営戦略を実際に使えるスキルにまで昇華させるには最適の1冊と言えるでしょう。

本のタイトルは若干堅めですが、内容は非常にシンプルでわかりやすく仕上がっていますので、実践で使える経営戦略を身につけたいビジネスパーソンにはお薦めの書籍です。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>
◎戦略の原点
【対象者】 ビジネスパーソン全般
【読み易さ】 易しい
【必読度】 ★★★★★(5)


詳しくはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/t4.html

投稿者 MBA : 2007年06月11日 16:36