« 戦略の原点 | メイン | ハーバードでは教えない実践経営学 »

2007年06月18日

 ■ レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
現代のビジネスパーソンはやることが非常に多く、時間が圧倒的に足りないと感じていることと思います。以前このコーナーで紹介した時間管理の本も大変な反響を呼び、アマゾンでは1万円を超える価格で中古本が取引されているようです。(その本とは?⇒http://www.mbajp.org/i/s/v4.html

今回紹介するのはそのようにみなさんがお悩みになっている時間管理の最新本。『レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則』です。

著者はベストセラー『レバレッジ・リーディング』の本田直之氏。お会いしたことはないのですが、実は私の母校Thunderbirdの先輩でもあるんですね。

本田氏はビジネススクールに留学中、パソコンのキー入力が遅く、レポート等の提出に時間がかかっていました。そこで、その悩みを解消するためにキー入力の5日間集中トレーニングに参加したのですが、それ以降はブラインドタッチをマスターし、レポート作成の時間を大幅に短縮できるまでに成長。そこで本田氏は時間を作るには時間への投資が重要と実際の経験を通して学んだそうです。

私自身も4月に行った講演会では、時間を3つに区分して管理すべきだとお伝えしました。その3つとは「投資」、「消費」、「浪費」という概念です。お金をこの3つの区分で管理している人は多いかも知れませんが、時間をこの3つの区分で管理している人はそう多くないのではないでしょうか。

1日24時間を投資している時間(セミナーや読書、その他の勉強など)、消費している時間(睡眠や仕事、食事など)、浪費している時間(無駄なインターネットサーフィンなど)に区分してどのくらい投資に割いているかを管理していく必要があるのです。(理想的には毎日5%以上の時間を投資に充てたいですね。)

企業が成長するために投資をしていかなければいけないように、私達ビジネスパーソンもお金のみならず、時間に対しても投資をしていかなければ成長はありません。1日24時間という時間は誰でも平等ですが、時間の投資を行うことによって、時間にレバレッジを効かすことが可能になり、他の人とは違ったレベルで時間を有効に活用することができるようになるのです。

この『レバレッジ時間術』ではそのように時間に投資を行って飛躍的に時間の有効性を高める具体的で実行しやすいノウハウが満載されています。本田氏自身が著書の冒頭で

■ いつも「忙しい忙しい」と言っている人
■ いつも「いっぱいいっぱい」の人
■ 一生懸命やっているのに成果が出ない人
■ コツコツやることができない人
■ 面倒くさがり屋の人
■ 怠けぐせのある人
■ 物事が続かない人

に最適だと薦めていますので、心当たりのある人は是非ともお読みいただいて、ノウハウを実践していただきたいと思います。もちろん私は上記対象者に当てはまりましたので、本書を参考にして時間管理を徹底していきます。(笑)

新書(756円)ですので最初にお伝えした時間管理の中古本を買うよりは圧倒的にコストパフォーマンスが高い1冊です。時間の投資を行って最大のリターンを得たい人には本当にお薦めです!


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>
◎レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
【対象者】 ビジネスパーソン全般
【読み易さ】 易しい
【必読度】 ★★★★★(5)

詳しくはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/v5.html

投稿者 MBA : 2007年06月18日 16:37