« レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 | メイン | コミットメント 熱意とモラールの経営 »

2007年06月25日

 ■ ハーバードでは教えない実践経営学

人によってはMBA理論は実際のビジネスに役に立たないとおっしゃる方もいらっしゃいます。確かにMBAというのはMaster of Business Administrationという言葉が物語るように経営管理をマスターする学問です。ですから実際に顧客を新規に獲得して維持するという現場レベルの知識に欠ける面はあります。(最近ではCRMのように現場レベルの理論もビジネススクールで学べるようになりましたが・・・)

ただ、MBA理論はビジネスの大局を捉える戦略を学ぶものであり、企業や組織を運営していく上では必須の理論です。そして戦略レベルのMBA理論を学んだ後は、現場レベルの戦術を合わせて身につける必要があります。この戦略と戦術がマッチして初めて思い通りの成果を上げることができるのです。今回はこのMBA理論を補完するための戦術を学べる良書を紹介したいと思います。

その書籍とは『ハーバードでは教えない実践経営学』です。

この書籍はアメリカで100万部以上売れたベストセラービジネス書の翻訳版なのですが、独自のビジネスで巨万の富を築いた著者が人間の心をつかむテクニックから、営業や交渉の秘訣、起業し会社を経営するノウハウを自身の経験から具体的にその方法を解説しています。

MBA
理論の書籍のように戦略のフレームワークは出てきませんが、実践ですぐに役に立つ方法(戦術)を一つ一つ具体的にわかりやすく私達に伝えてくれます。

戦略思考を身につけた上で本書に書かれているような戦術オプションの事例を多く知ることによりビジネスに幅ができることは間違いありません。

読者の目の肥えたアメリカで100万部以上売れている書籍だけにすぐに成果が上がる手法が満載されていますし、本のボリュームの割には価格もリーズナブルです。本書は是非とも若手からベテランまでビジネスに関わるすべての人にお読みいただきたいと思います。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>
◎ハーバードでは教えない実践経営学
【対象者】 ビジネスパーソン全般
【読み易さ】 易しい
【必読度】 ★★★★★(5


詳しくはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/x4.html

投稿者 MBA : 2007年06月25日 11:10