« ハーバードでは教えない実践経営学 | メイン | ホワイトカラーは給料泥棒か? »

2007年07月02日

 ■ コミットメント 熱意とモラールの経営

企業として戦略的な目標を立てたのだが達成できない、もしくは会社の目標とまではいかなくても個人の目標をなかなか達成できないという人も多くいると思います。(何を隠そう私も目標達成の難しさを実感する一人ですから・・・)

私自身その理由を分析すると、「もともと達成不可能な目標を設定している」とか、「目標を達成する方法がわからない」などいくつかの理由が挙げられますが、最も大きな理由は「目標を立てたはいいが願望に終わっている」ということだと思います。

つまり、「目標を達成できたらいいな」と願望を抱くだけで、「死んでもこの目標を必達する」という“MUST思考”が欠落しているのです。

ビジネスではこの目標を立てたら必ず達成するというMUST思考は“目標にコミットメントする”という表現が使われます。かつて日産が危機に瀕した状況でゴーン社長が日産のリバイルプランの目標に対してコミットメントすると発表したことからコミットメントは日本のビジネスパーソンにとってもお馴染みの言葉になっていますね。

それでは目標を必達するためにコミットメントするにはどのようにすればいいのか?

そのコミットメント・マネジメントを体系化して学べる書籍が今回お薦めするハーバードビジネスレビューの新刊『コミットメント 熱意とモラールの経営』です。

この書籍ではコミットメントという概念の基本的な説明から始まり、目標を組織として確実に達成していくプロセスを体系立てて解説しています。また、企業や組織におけるコミットメントだけでなく、第二章では個人的な目標に対するコミットメントのテクニックまで解説していますので、組織を統括するマネジメント層ばかりでなく個人の目標を達成したい若手ビジネスパーソンまで幅広い層に役に立つ内容になっています。

目標をより確実に、より楽に達成したいと思っている方には最適の1冊と言えますので、是非ともお読み下さい。


<<独断と偏見によるビジプロ通信書籍判定(^^;>>
◎コミットメント 熱意とモラールの経営
【対象者】 ビジネスパーソン全般
【読み易さ】 普通
【必読度】 ★★★★☆(4)


詳しくはこちらから⇒ http://www.mbajp.org/i/s/z4.html

投稿者 MBA : 2007年07月02日 17:27