トップ>MBA留学情報

MBA Solution, Inc.

 

Menu

■ MBA留学情報
■ TOEFL
■ GMAT
■ エッセイ
■ MBAランキング

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

登録はこちらから

(メールアドレス)

   

 

 

 

MBA留学最新情報

【MBAとは?】

MBAとはMaster of Business Administrationの略号であり、日本語では経営管理修士号(経営学修士号)に当たります。欧米では経営に携わるものはもちろんのこと、若手ビジネスパーソンにおいても必須の学位であり多くの大学でMBAを取得することができます。毎年発表されるMBAランキング上位に必ず顔を出す著名なビジネススクールにはハーバード(Harvard)やスタンフォード(Stanford)、ウォートン(Wharton)、ケロッグ(Kellogg)などがあります。また特色のあるビジネススクールとして国際ビジネスに特化したサンダーバード(Thunderbird)や起業家育成に注力するバブソンカレッジ(Babson College)などがあります。

 

【MBAとして学ぶこと】

MBAプログラムの目的は“絶えず変化する社会・経済状況の中で最適な意思決定を行う手法を教え、ビジネス界で強いリーダーシップを発揮できる人材を育成すること”にあります。この観点からMBAとして学ぶ科目は経営全般の多岐に亘っています。ビジネススクール在学中の1年、もしくは2年でAccounting、Finance、Marketing、Strategy、Management、Organizational Behaviorなどビジネスリーダーに不可欠の知識やメソドロジーを学びます。
よくこれからビジネススクールに進学される方々の中には“ファイナンスのこういうことは学べるのだろうか?”とか“マーケティングのこういうことが学びたいがどういうクラスを受講すればいいのだろうか?”という疑問をお持ちの方もいらっしゃいます。ただ一般的にビジネススクールではあまり特定の分野を深く追求するということはありません。ですからファイナンスやマーケティングなど特定の分野を極めたい人にとってはMSが選択肢であり、MBAは物足りないものとなるかもしれません。

 

【ビジネススクール入学の必要条件】

ビジネススクールの入学は日本の大学と違って成績順で決められるものではありません。入学志願者個人を多くの面から審査して合否が決定されます。一般的にビジネススクールはその入学志願者がそのMBAプログラムにどう貢献してくれるのかという基準で審査を行います。

合格のための重要な要素としては

a. バックグラウンド

学業および業務上のバックグラウンドは非常に重要な要素です。学生時代もしくは就職してから何か人と違った業績があれば差別化のポイントとなります。

b. リーダーシップ

ビジネススクールはそのプログラムの目的にリーダーシップの育成を掲げています。過去もしくは現在、リーダーシップを発揮するポジションに就いている人はもちろんですが、これからの人でもその個人のビジョンなどリーダーシップの潜在性が重要視されます。

c. コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はリーダーに必要不可欠の要素です。自分の思っていることを相手に的確に伝えなければいけません。日本人は一般的に考えるのは得意ですが人前でその考えを伝えるのは苦手のようです。しかし、ビジネススクールではクラスやチームワークで積極的に自分の意見を発言し貢献することが望まれています。

 

【ビジネススクールの選定】

ビジネススクールの選定にあたっては、様々な機関から発表されているMBAランキングや卒業生の意見を参考にして選定することができます。やはりトップスクールには優秀な人材が集まりますので、それらを中心に選定作業を進めることになります。しかし、1点気をつけなければいけないポイントがあります。それは“すべての面において最高のMBAプログラムはない”ということです。たとえば多くのランキングでHarvardはベストビジネススクールに選ばれています。それではHarvardはすべてにおいて最高のビジネススクールでしょうか?答えは“No”です。ビジネススクールのプログラムは各校独自のものであり、戦略的にある分野に重点が置かれています。ですからビジネススクールの選定は何が何でもHarvardではなく、自分の今後のキャリアパス/ゴールに合わせて選ばなければ後悔することになります。たとえばInternational BusinessがキャリアパスであればThunderbirdが候補に挙がるでしょうし、アメリカで起業を考えている人にはBabson Collegeが最有力候補となります。いずれにしろビジネススクールにかかる期間や費用は莫大なものですから慎重に自分にあったスクールを選ばなければなりません。

 

【ビジネススクール入学のための準備】

欧米のビジネススクールに入学するためにはいろいろなハードルを乗り越えなければいけません。思い立ってすぐに、とはいかないのです。一般的にビジネススクールに入学するためのハードルは次の6つです。

(1) GPA (大学時代の成績)

(4) エッセイ

(2) TOEFL

(5) 推薦状

(3) GMAT

(6) 面接

この様に一人の受験者は多面的に分析され、合否が審査されることになります。準備期間としては英語力にもよりますが最低でも2年はかかります。

 

【MBA理論を身につける最適の書籍】

お薦め!MBA知識習得のための書籍

グロービスMBAマネジメント・ブック新版

日本でのMBA知識教育の最先端を走るグロービスによるテキスト。実際の講義に使われているだけあって内容は欧米のビジネススクールで使われれているテキストと同じくらいクオリティの高いものになっています。

通勤大学MBAマネジメント

ハーバードやスタンフォード、ウォートンなど世界各国のトップMBAスクールの卒業生組織によるMBA知識が習得できるテキスト。文庫本サイズなので通勤中手軽に読めるのが嬉しい。内容もコンパクトに纏まっています。

他のMBA関連本はこちら から。

 

 

 

Copyright (C) MBA Solution, Inc. All Rights Reserved