トップMBA留学情報: エッセイ対策

 

Menu

■ MBA留学情報
■ TOEFL
■ GMAT
■ エッセイ
■ MBAランキング

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

登録はこちらから

(メールアドレス)

   

 

 

 

【エッセイとは】

エッセイとはビジネススクールが進学希望者に課す小論文のことです。入学審査に当たってエッセイは合否に非常に大きなウェートを占めています。出題数はスクールによってまちまちですが、一般的に2〜5題程度です。

 

【エッセイの種類】

各スクールの出題するエッセイを分類すると以下の様になります。

a. Objectives (Why do you go to Business School?)

短期・中期・長期のキャリアパスやゴールが問われる場合が多く、そのキャリアパスに関してなぜビジネススクールに行かねばならないのか、どうしてそのビジネススクールを選んだのかが問われます。

b. Achievements/Accomplishments

いままで学業や仕事上でどのような輝かしい成果を上げてきたかが問われます。

c. Contribution

ビジネススクールの授業は基本的には“Give&Take”です。学ぶだけでなく他の学生に対しても何か貢献する義務があるのです。このタイプのエッセイではあなた自身が他の学生に対してどのような貢献ができるのかをアピールする必要があります。

d. Ethical Dilemma

現在のビジネススクールでは“Business Ethics”を必修科目に取り入れているところが少なくありません。一時期の収益至上主義から反社会的行為を犯してまで利益を追求しようというMBAホルダーが社会問題にまで発展したからです。このような反省をふまえスクール側は入学に当たって入学希望者の倫理観をチェックしています。このタイプのエッセイでは“Ethical Dilemma”に陥った時にどのような行動が社会的に最善かを示さなければいけません。

e. Personal Development/Background

このタイプのエッセイではどのような環境、経験が自己形成に影響してきたかが問われます。

f. Avocations

あなたのAvocationsは何か、それに対してどのように取り組んでいるか、またそれはあなたの人生にとってどのように重要かが問われます。

 

【エッセイを書くときの注意点】

エッセイはただ単に書けばいいというものではもちろんありません。審査官はたいへん多くのエッセイを読んでいます。そこで高い評価を得るためには論理的で簡潔なエッセイを書くことをまず第一に心がけなければなりません。以下は特にアメリカのビジネススクールに対するエッセイを書く上で注意しなければいけない点です。

a. アメリカ式エッセイに則る

アメリカ式エッセイは日本のものと全く違います。日本での『起承転結』型のエッセイはビジネススクールでは全く評価されません。アメリカ式エッセイは非常にシステマチックであり、ビジネススクールに提出するエッセイもそれに則る必要があります。具体的にはエッセイはIntroduction、Body#1、Body#2、Body#3...、Conclusionという構成になります。Introductionの中にはThesisというメインアイデアが含まれていて、このThesisをBodyパラグラフの中で展開します。最後のConclusionはこれまで述べてきた意見を再度説明するパートであり、ここでは絶対に新たな意見は述べるべきではありません。

b. 日本語から英訳しない

エッセイを書くに当たって日本語で一旦書いてから英訳する人がいます。この方法ですと時間もかかりますし、出来上がったエッセイは日本語英語的な仕上がりになる場合があります。やはり最初から英語で考え、英語で書く癖をつけましょう。

c. 必ずアメリカ人(できればMBAホルダー)のチェックを受ける

いかに英語に自信がある人でもネイティブスピーカーの最終チェックは必須です。エッセイをプロフェッショナルっぽく見せるネイティブスピーカー特有の言い回しなどは英語を母国語としない我々にとっては非常に難しいからです。またネイティブスピーカーはエッセイの論理性などのチェックもしてくれます。文に現れないPremiseやAssumptionは文化的な影響をもろに受けるので、それらに食い違いがあればエッセイ自体が意味の通じないものとなってしまいます。

 

 

エッセイおすすめ教材

Barron's How to Prepare for the essay

このテキストでは、細部と全体のコンセプトをまとめる方法、そして、わかりやすく文法的に正しい英語でテーマを展開する方法が学べる。

Essays That Will Get You into Business school

入試エッセイ対策の決定版。一流大学の試験担当のアドバイス付き。ライティング課題は段階別に構成され、模範エッセイを50例あまり紹介している。

 

他のエッセイ教材はこちらから

  
トップビジネススクールのエッセイ問題(参考資料)
Stanford Harvard Wharton Kellogg MIT
UCLA Columbia Michigan Chicago NYU
Haas Tuck Duke Yale Carnegie 

 

 

Copyright (C) MBA Solution, Inc. All Rights Reserved