トップ>MBA留学情報: GMAT対策

 

Menu

■ MBA留学情報
■ TOEFL
■ GMAT
■ エッセイ
■ MBAランキング

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

登録はこちらから

(メールアドレス)

   

 

 

 

【GMATとは】

GMATとはGraduate Management Admission Testの略で、アメリカ人を含むビジネススクール受験者のすべてが受けなければならない試験です。

【試験内容】

GMATは、Computer Adaptive Test (CAT) に変わり、特別なソフトウェア・プログラムを使用して行われます。Adaptiveという言葉には、適応という意味がありますが、これはテストのソフトウェアが、一つの問題の出来によって、次に出す質問を決めるという、GMATの新形式の意味も含んでいるのです。この新プログラムは、常に一つの質問の出来によって、次の質問を決めるので、全員にとって同じくらいの難易度になるようになっています。CATの全ての質問は、同じ範囲から出題されますが、各個人はそれぞれ、GMAT試験の全体を通して、独特な問題の組み合わせに出会います。

CATを受ける時、まずは、中レベルの問題から始めます。初めの問題に正しく答えれば、コンピューターは自動的に点数を上げ、次により難しい問題を出します。初めの質問に正しく答えられなかった場合、コンピューターはあなたの点数を下げ、より簡単な問題を出します。全てのセクションで同じプロセスが行われます。テストの点数に影響するもう一つの要素とは、答えなかった質問に対して引かれるペナルティー・ポイントです。

セクションの種類 制限時間 問題数 問題の種類
AWA 60分 Analysis of Issue
Analysis of Argument
MATH 75分 37 Problem Solving
Data Sufficiency
VERBAL 75分 41 Sentence Correction
Critical Reasoning
Reading Comprehension

AWA(Analytical Writing Assessment )
GMATは、二つのAnalytical Writing Assessment (AWA)エッセイから始まります。各エッセイに対する制限時間は30分です。あなたの答えをカットやペースト機能付きのワープロを使って、直接コンピューターに打っていきます。スペルチェックやグラマー(文法)チェック機能は使えないようになっています。

Verbal and Quantitative
Quantitaive (math)とVerbalセクションは、多項式選択形式で、どちらのセクションが先かはわかりません。各セクションに対する制限時間は75分で、二つのセクションの間に1分の休憩時間があります。

■ Verbalセクションについて

●Sentence Correction

一つ一つの文にはいくつかの下線部があります。このセクションでは、必要であれば、下線部の文法、用法もしくはスタイルを修正します。英語を母国語としない、ノン・ネイティブが英文法をマスターするのは難しいと思われがちですが、GMATは、11種類の英文法に関する問題しか出しません。いくつもの英文法のルールの中から11種類だけを覚えれば、これらの問題はたいして難しくないでしょう。

●Reading Comprehension
ビジネス・科学・社会に関するトピックのpassageを4つ出され、それpassageの後には、3つから4つの質問が続きます。Passageの種類は4つあり、また質問の種類も4つあります。時間は限られているので、質問を答えるために必要な所だけを読めるようにならないといけません。

●Critical Reasoning (Arguments)
短いpassageを出され、それらをもって、例えば筆者の推測を確立したり、結論を弱めたり、などと言った様々なことを要求されます。Critical Reasoning questions には5つの種類があり、GMAT でも頻繁に出題されます。それぞれの質問の種類には基本的に論理的な構成があります。これらの構成をしっておくだけで、質問が理解しやすく、また解きやすくなるはずです。

■ Mathセクションについて

●Problem Solving
この部分では、あなたの数学、代数学、幾何学の知識と問題を素早く解く力が問われます。全ての問題は、基本的な数学の知識や方法で解けるようになっています。

●Data Sufficiency
この部分は、テストを受けるほとんどの人が、難しいと思う部分です。質問を答えるために、与えられた二つの情報が二つとも必要か、もしくは片方だけ必要かを見極めなくてはなりません。ここでは特に引っかけ問題に騙される人が多いので、質問と与えられた情報を正確に理解しすることが、成功への鍵です。

 

【GMATおすすめ問題集】

GMATおすすめ問題集

The Official Guide for Gmat Review

GMATのオフィシャル問題集です。GMAT受験者は必ずこの問題集を入手して何度も挑戦することをお薦めします。

Kaplan GMAT 2005 (Kaplan Gmat)

GMATの問題集では定評の高いKaplanの最新版です。多くの問題集の中で一番本当の試験問題に近いと評判です。

他のGMAT教材はこちらから

 

 

Copyright (C) MBA Solution, Inc. All Rights Reserved