トップ>MBA留学情報: TOEFL対策

 

Menu

■ MBA留学情報
■ TOEFL
■ GMAT
■ エッセイ
■ MBAランキング

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

登録はこちらから

(メールアドレス)

   

 

 

 

MBA資格取得に避けて通れない試験TOEFL

【TOEFLとは】

TOEFLとはTest of English as a Foreign Languageの略で、英語を母国語としない留学生の英語能力を測るためのテストです。MBAの資格を取得するためには避けては通れない試験ですが、内容的には外国人を対象としているため比較的基礎的な試験であり、コツさえつかめば短期間でかなりの成績をあげることが可能です。

【試験内容】

1998年のコンピューター形式(Computer Based Test :以下CBT)の導入に伴い、TOEFLは構成と内容の点において、リスニング、ストラクチャ−、リーディング、ライティングの4つのセクションに分けられています。日本でも2000年の10月に導入されました。コンピュータの形式に伴い、4つのセクションに加え、チュートリアル・セクションも用意されており、マウスで クリックしながらコンピューターの操作方法をその場で学ぶことができます。そしてこの変化に伴いスコア算出もライティングを除く3つのセクション別に0〜30で計算され、その合計に10をかけて3で割ったものが全体のスコアとして算出されます。また、ライティング・セクションは0〜6で表され、ストラクチャ−の一部としてスコア計算に組み込まれることになっています。更にコンピューター形式の特徴として、リスニングとストラクチャーの箇所にはComputer Adaptive Test(適応テスト)方式が取り入れられ、受験者の正答、不正答によって異なったレ ベルの問題が出題されます。今までのペーパー方式では、全ての受験者が共通の問題 を解答し、正解数によってスコアを偏差値算出していました。リスニング、ストラク チャ−、リーディング問題の合計94〜130問とライティング1題の問題を正味155〜200 分で解答する試験なので、大量の問題を効率的に回答していく力が必然と要求されます。

セクション1(リスニング問題)30〜 50問:40 - 60分

Part A

短い会話を聞いて答える(キャンパス会話のみ)

Part B

少し長めの会話を聞いて質問に答える。アカデミックなレクチャーを聞いて答える。

セクション2(グラマー問題)20〜25問:15 - 20分

Structure

短文を完成させる問題に答える短文中の表現の誤りを指摘する問題に答える。

セクション3(リーディング問題)44または55問:70 - 90分

Reading

250〜350後程度の文章を4または5パッセージ読み、44または55問。従来の設問に加え、文章を追加する問題と同意および反意語を選択する語彙問題に答える。

セクション4(ライティング問題)1問:30分

Writing

TOEFL申込書(ブリテン)に記載されているライティングトピックの中から一題出題され、30分で自分の意見をしっかりと英文でまとめる

*上記に明記した問題数は受験者によって異なります。 

 

【TOEFLおすすめ問題集】

TOEFLおすすめ問題集

TOEFL Test Preparation Kit (4CD)  

TOEFL対策の教材としては最高のボリュームを誇るこのセットは、TOEFLの過去問から980題、14時間分に相当する問題をセレクト。TOEFLのオフィシャル問題集です。

Delta's Key to the Toefl Test (CD-Rom)

2300を越えるTOEFL型練習問題を収録。CD-ROMには10回分の模擬テストも入っており、十分な学習が可能。

TOEFL教材のベストセラーはこちら から。

 

 

Copyright (C) MBA Solution, Inc. All Rights Reserved