トップMBA講座>レッスン72

 

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

↓登録はこちらから↓

メールアドレス(PC)

 

 

 

Lesson72 ゼロベース思考とは?

 

「タツヤ先輩、近ごろ部長のご機嫌は最悪ね。近づかない方がいいわよ。さっきも会議室で『最近の業績が悪いのは営業マンの頑張りが足りないんじゃないか。もっとはっぱをかけろ!』って営業課長に対して怒鳴っていたもの。」


「そうか。確かに最近のうちの業績は芳しくないものがあるよね。ただ、それが営業マンの責任と決め付けるのは短絡的で問題があるよ。もっとゼロベースで問題を分析しなきゃ。」


レイナ:「ゼロベース?ゼロベースで問題を分析するってどんなことなんですか?」


タツヤ:「うん。ゼロベース思考っていうのは過去の経験や習慣、世間の常識にとらわれずに、全くのゼロから問題を分析し、解決策を見出していく手法なんだ。」


レイナ:「ということは、『業績の悪化=営業マンの頑張りのなさ』、『営業マンの頑張り=業績の改善』っていうのは世間の常識ではあるけれど、この常識をまず疑って真の問題解決を模索する必要があるってことね。」


タツヤ:「そう。ゼロベース思考については面白い逸話があるから、レイナちゃんに紹介しよう。それはソニーがまだ今のようなブランドもなく、吹けば飛ぶような会社だった頃の話なんだけど、創業者の盛田氏は自らアメリカへ営業に出掛けたんだ。そこで運良く、大手小売業から主力製品であるトランジスタラジオの見積もりを5千個、1万個、5万個、10万個で出してくれと頼まれたんだよ。ただ当時のソニーの生産力では10万個は難しく、このオファーを受けると新たな設備投資が必要になる問題が発生することに気が付いたんだ。そこで盛田氏はどんな見積もりを出したと思う?」


レイナ:「それはやっぱり10万個主力製品が売れれば、業績の飛躍的アップが望めるから、数が多くなるほど有利な条件、つまり、1個あたりの価格が5千個で一番高く、10万個で一番安い見積もりを出したんじゃないですか?」


タツヤ:「世間の常識から言えば、レイナちゃんの言うとおりだよね。でも盛田氏は全く違う見積もりを提出したんだ。」


レイナ:「えっ、それ以外の答えがあるんですか?」


タツヤ:「うん。盛田氏は5千個の場合は定価、1万個の場合は割引価格、5万個の場合は定価以上、10万個の場合は5万個よりさらに高い価格を提示したんだ。」


レイナ:「ふーん。でも5万個や10万個の場合は、納入量が多いにもかかわらず定価以上の卸売価格になるなんて常識では考えられないわね。どうしてこんな見積もりになったのかしら?」


タツヤ:「答えは当時のソニーの生産体制にあるんだ。たとえば、5万個や10万個の受注を受けた場合、ソニーは工場を新設しなければいけない。ただ、設備投資をして工場を新設したとしても来年以降5万個や10万個の取引が継続するかは誰にもわからないだろう。だからそのリスク料を上乗せして見積もりを出したって訳さ。そこで翌年以降も継続して大型取引を継続してもらえるならば翌年以降は大幅な割引に応じる、と。このようにして結局取引は双方にメリットのある1万個の納入に落ち着いたんだけどね。」


レイナ:「既存の常識にとらわれていたら、このような問題解決の方法は思いつかないわね。もしかしたら無理して10万個引き受けて過剰設備投資で経営危機に陥っていたかもしれないわね。」


タツヤ:「そう。これがゼロベース思考なんだよ。ゼロベース思考の問題解決手法では、まずはこれまでの習慣や常識を疑って、破壊することから始めるんだ。たとえば、『注文量が増えれば割引率を増やすという業界の習慣は絶対か?』という質問を投げかけて、他の方法をいろいろと模索してみるんだ。次に明確な目標設定する。たとえばこの場合はお互いのリスクを最小化できるWIN-WINのポイントはどこかという落とし所を探るんだ。そして、最後にその目標を達成するための方法を考える。このようにして既存の習慣にとらわれて解決できない問題がゼロベース思考を行うことによって、解決することができるんだよ。」


レイナ:「ふーん。ゼロベース思考って面白い考え方ね。このように固定観念を否定することによって、広い視野をもって物事を客観化することができ、問題解決の可能性を拡大させたり、創造的な問題解決方法を生み出すことができるのね。」


【MBA講座:今回のTake Away】
 

◆ゼロベース思考とは?
→既存の習慣や常識にとらわれることなく、それらの概念をまったく取り払ってゼロの状態から事象を捉える思考方法。


◆ゼロベース思考による問題解決方法
1.問題を分析する際に、これまでの習慣や常識を疑う。

2.問題解決に当たって明確な目標を設定する

3.ゼロベースで問題解決の方法を模索し、実行する

 

>>他の無料MBA講座を受講する

【関連サイト】  ゼロベース思考

MBA講座講師プロフィール:安部徹也

大学卒業後、都市銀行に入行。米国MBA留学を経て、MBA Solutionを設立し、代表に就任。現在All About よくわかるマーケティングのガイドとしても活躍中。

 

【トップMBA一押し書籍】

ゼロベース思考など論理的に物事を考える力を養成したい方は『クリティカル・シンキング練習帳』がおすすめです。豊富な練習問題を通して自然とクリティカル・シンキングが身に付きます。

詳しくはこちらから。


最新の『1日3分で身につけるMBA講座』はメールマガジンでお楽しみいただけます。お気に召さない場合はいつでも解除自由なのでお気軽にご登録をどうぞ。週1回、とっても役立つ情報をあなたのメールボックスにお届けしています。

↓登録はEメールアドレスのみの入力です↓

無料メルマガ『1日3分で身につけるMBA講座』登録フォーム

メールアドレス(携帯不可)  


 

Copyright (C)  MBA Solution, Inc. All Rights Reserved