トップMBA講座>レッスン81

 

お薦めメルマガ

毎週1回配信、『1日3分で身につけるMBA講座』はMBA書籍の執筆でもおなじみのMBAホルダーが最先端のMBA理論を分かりやすく解説した無料メルマガです。(サンプル)

↓登録はこちらから↓

メールアドレス(PC)

 

 

 

Lesson81 目に見えない機会費用とは?


「タツヤ先輩、最近、タクシーでの移動が多いんじゃありません。
タツヤ先輩のタクシーの領収書がたくさん回ってきていますよ。」



「そうだね。ここ最近多くの取引先を回っているからね。電車での移動よりタクシーの方が待ち時間も少なくて便利なんだよ。」


レイナ:「でも、コスト削減でみんなが文房具など、こまめな節約しているのに、そんな贅沢は反感を買うんじゃないかしら。」


タツヤ:「レイナちゃんがそんなことを言うのは機会費用というコンセプトを理解していないからじゃないかな?」


レイナ:「機会費用?それって普通の費用とどんな違いがあるんですか?」


タツヤ:「うん。機会費用って言うのは目に見えない費用のことなんだ。」


レイナ:「目に見えない費用?」


タツヤ:「そう。たとえば、僕が電車に乗れば160円、タクシーに乗れば700円という費用がかかるよね。これらの費用は実際に目に見える費用なんだ。」


レイナ:「そうね。実際にお金を払わなきゃいけないから目に見える費用といってもおかしくないわね。」


タツヤ:「これに対して僕の移動時間にも費用がかかっているんだ。」


レイナ:「移動時間に費用がかかっているって一体どういうことですか?」


タツヤ:「会社は僕に給料を払っているよね。だからそれを基に時間当たりの給料というものを算出することができるだろう。たとえばここで僕の時給が6000円だとしよう。そうすると電車移動で30分の時間を無駄に費やすということは3000円の給料を無駄に使っているということになるんだ。一方でタクシーでの移動が10分で済めば、1000円分の浪費ってことになるよね。このように、ある行為をすることによって本来得るべき利益が得られないことを機会費用っていうんだよ。」


レイナ:「つまり、移動時間っていうのは企業の収益に関連しない無駄な時間で、企業がタツヤ先輩に求めている時給分だけ、目に見えないコストが発生しているってことなのね。」


タツヤ:「そう。だから会社にとって重要なのは目に見えるコストだけでなく、機会費用を含めたトータル的なコストで把握することが重要になってくるんだ。」


レイナ:「たとえば今回のケースだと、タツヤ先輩の時給は6000円でしょう。電車による移動が160円で30分ということは機会費用も含めると3000円+160円で3160円。タクシーによる移動は10分で700円だけど、機会費用が1000円で1700円。こうしてみるとタクシーを利用した方がトータル的に見て1460円もコストの削減に繋がるということになるわね。」


タツヤ:「そうだろう。だから一概にタクシーを利用するのはコスト削減に逆行すると考えるのではなく、機会費用を含めて考えると180度違った答えが出ることになるんだよ。」



【MBA講座:今回のTake Away】
 

◆機会費用とは?
→ある経済的行為を行うことにより放棄しなければいけない利益が発生すること。


◆機会費用の具体例
時給1万円の経営コンサルタントが交通機関の遅れにより1時間待たされた場合、1万円の機会費用が発生する。(交通機関の遅れにより、本来得られたであろう1万円が得られなくなったため)

 

>>他の無料MBA講座を受講する

MBA講座講師プロフィール:安部徹也

大学卒業後、都市銀行に入行。米国MBA留学を経て、MBA Solutionを設立し、代表に就任。現在All About よくわかるマーケティングのガイドとしても活躍中。

 


最新の『1日3分で身につけるMBA講座』はメールマガジンでお楽しみいただけます。お気に召さない場合はいつでも解除自由なのでお気軽にご登録をどうぞ。週1回、とっても役立つ情報をあなたのメールボックスにお届けしています。

↓登録はEメールアドレスのみの入力です↓

無料メルマガ『1日3分で身につけるMBA講座』登録フォーム

メールアドレス(携帯不可)  


 

 

Copyright (C)  MBA Solution, Inc. All Rights Reserved