« 目的を明確にすれば無駄な時間を排除できる | メイン | 上達スピードを上げる最大の秘訣 »

2007年04月30日

 ■ 自画自賛は人の成長を促進させるターボ
『自画自賛は人の成長を促進させるターボのようなものですから、この力をうまく利用すると、やる気がどんどん湧いてきます。』(齋藤孝氏:明治大学教授)


人が成果を上げるためにはモチベーションの維持が非常に重要になってきます。ところがこのモチベーションの維持というのは難しく、ちょっとした壁にぶち当たってしまうと“やっぱりだめだな”とモチベーションが急激に低下して、目標をあきらめてしまうことが多々あります。

ポーター&ローラーの期待理論によればモチベーションは期待と誘意性の積、つまり『モチベーション=期待×誘意性』という公式で表わされます。ここで、期待というのは『自分は目標を達成できる』という可能性の高さと置き換えることができますし、誘意性というのは『この目標を是非とも達成したい』という願望や欲求の強さと置き換えることができます。

たとえば、“世界的な外資系コンサルティングファームで働く”という一つの目標を持っていれば、そこで自分が働く可能性がどのくらいあるか、そしてどのくらい強い願望があるかでその目標達成に向けてのモチベーションが決まってくるというわけです。可能性が全く無いと信じてしまえば、いくら願望が強くてもモチベーションはゼロになってしまいますし、逆に可能性は非常に高くても、その会社で働きたいと全く思わなければ、これまたモチベーションはゼロになってしまいます。

この期待理論からわかることは、自分が目標を達成できるという可能性(信念)を高めると共に、どうしても目標を達成したいという願望を強めることによって飛躍的にモチベーションを向上させることができるということです。

ところが私達日本人はここで一つの問題にぶち当たってしまいます。日本の社会では得てして、他人の評価には非常にネガティブなところがありますし、人を褒めることも少ないという問題があるのです。ですから、自分の目標を人に話したところで「お前にできるの?」とか「やめといたら?」などという言葉が返ってくる場合も多いのです。そして、そのひとことによって自分の可能性に対する信念が揺らぎ、モチベーションが急降下していくことになります。

それではそのように人からあまり褒められない社会に住んでいる私達はどのようにすればモチベーションを高く維持することができるのでしょうか?

その一つの答えが齋藤氏のおっしゃる“自画自賛”なのです。かつて、アトランタ五輪で銅メダルを獲得した時に有森選手がインタビューで語った名言「初めて自分で自分を褒めたいと思います」をあなた自身が実行すればいいだけなのです。“お前ってすごいな”と人から褒められることは難しいですが、“俺(私)ってすごい!”と自分で自分を褒めることは簡単です。

自分の可能性を否定し続ける人に成長はありません。自分の可能性を信じ、願望を高めていけば、いつもやる気がみなぎって自分本来の力を発揮してどんな大きな目標でも成し遂げることができるのではないでしょうか。

投稿者 MBA : 2007年04月30日 12:15