« 弱みを特定することは大きな進歩であり、そこから大きなチャンスも生まれる | メイン | プロのビジネスパーソンとなる第一条件とは? »

2007年05月29日

 ■ 天才の条件とは?
『「昨日の自分に興味がない」というのは、天才の条件の一つだ。』(テリー・伊藤氏)


人というのは変化を嫌うものです。もしかしたらみなさんも、できれば慣れ親しんだ環境にどっぷり浸かっていつまでも変わらぬ自分でいたいと思っていらっしゃるかもしれませんね。

ところが現代は環境変化の波が激しく、常に自分を変えていかなければ時代の波に取り残されてしまう可能性も非常に高くなっています。

このような時代、激変する環境に対応するために、昨日の自分よりも今日の自分は何かしら成長している必要があると言えるのではないでしょうか。テリー氏のおっしゃるように「昨日の自分に興味がない」と言って、これまでの自分をぶち壊して新たな自分を構築するというような天才的な行動は難しいかもしれませんが、一日一日少しでも新たなことを学んで自分を常に変えていくという秀才的な行動は誰にでもできるはずです。

「男子三日会わざれば括目して見よ」と言われる位、人は誰でも短期間で変われる可能性があります。昨日の自分に捉われることなく、未来を見据えて着実に進化を遂げれば、どのような環境になろうとも生き残ることはもちろんのこと、勝ち残ることさえ難しいことではないでしょう。

ビジネスパーソンであれば、昨日の自分よりも今日の自分の方が確実に成長していると自信を持って言い切ることができるようになりたいものですね(^^)

投稿者 MBA : 2007年05月29日 16:23