« 自分が変われば、世界も変わる | メイン | 自分でやらなければ何事も始まらない »

2007年06月25日

 ■ 時間に対する投資を意識することで成長の機会は飛躍的に高まる
『時間に対する投資を意識することで成長の機会は飛躍的に高まる。』


先週、私のビジネススクールの先輩でもある本田直之さんの『レバレッジ時間術』(http://www.mbajp.org/i/s/x0.html)をご紹介しました。その中で私の持論である時間を3つに分類して管理する方法をお伝えしたところ、読者の方から転載許可のメールをいただくなど少なからず反響がありました。

そこで、今回は時間に対する投資のお話をしてみたいと思います。

たとえば、企業というのは目標とする成果を得るために、もしくは成長し続けるために工場を建設したり、人を雇ったり、投資を行います。これはビジネスでは当たり前のことですよね。これと同じように私達ビジネスパーソンも投資をしなければ、目標とする成果を上げたり、成長したりすることはできません。

ところが、この事実に気付いているビジネスパーソンは非常に少ないのが現実なのではないでしょうか。いえ、実際に気付いている人は多いかもしれませんが、実行に移せていない人が多いという方が事実に近いかもしれませんね。

私自身、大学を卒業する時に謝恩会で学部長が『給与の10%は書籍を買うなど、自己投資に充てなさい』とおっしゃられたことを今でも憶えています。ところが、都市銀行で働いていた時代はこの言葉に従ったかというと、自己投資0円という月の方が多いという全く情けない状況でした。

銀行を辞めて海外留学をしてからは、さすがに自己投資0円という状況はなくなりましたし、今は会社の経営者として自分を磨いていくことでしか、社会に価値を与え続けられないという思いから自己投資には積極的になっています。

ただ最近、自己投資というのはお金だけではないという考えを持つようになりました。

最近ではインターネットが発達して書籍と同等レベルの情報を無料で入手できるようになりましたし、また、いくらお金をかけて本を購入しても読まなければ全く意味がないという事実からお金を使った投資よりも時間を使った投資の方が重要度を増してきているという考えに至ったのです。

たとえば、お金を投資、消費、浪費と区分して管理している人は多いかもしれません。ところが、時間を投資、消費、浪費と管理している人はどのくらいいるでしょうか?

自分のビジネスに役に立つ本を読む時間、セミナーに出席する時間、インターネットで調査する時間などは時間の投資に当たります。この時間の投資を行うことによって将来的に今より多くのリターンを期待することができます。一方で生活するために仕事をしたり、食事をしたり、睡眠を取ったりする時間は時間の消費と言えます。この消費の時間も生きていく上で必要不可欠な時間の使い方です。ただ、不必要なインターネットサーフィンや、休日の必要以上の睡眠、通勤電車で何もせずに過ごすことなどは時間の浪費であり、時間の無駄遣いとなります。

1
24時間というのは誰にでも平等に与えられたチャンスですから、私達はこのチャンスを最大限に活かさなければいけません。そこで、時間を投資、消費、浪費という概念で常に管理することにより、時間の無駄遣いを防ぐことができます。たとえば、通勤電車の中でぼーっとして『あっ、今自分は時間を浪費しているな』と気付けば、本を読んだり、新聞を読んだり、携帯音楽プレーヤーで音声セミナーを聞いたり、浪費している時間を投資の時間に変えていくことも可能です。

まずはファーストステップとして、1日の時間をこの3つに分類して自分がどれだけ投資の時間に割いているのか、その割合を計算してみるといいかもしれませんね。

あなたは1日どれだけの時間を投資に充てているでしょうか?

少なくとも毎日10%の時間は投資に充てたいものですね。

投稿者 MBA : 2007年06月25日 11:07