« バリューを上げる努力ができているかが大事 | メイン | 移転しました »

2007年07月30日

 ■ 自分で考えてアクティブに動く
『僕はもっと若い人が能動的に動くべきだと思います。例えば、上から言われたことをそのままやるのではなく、自分で考えてアクティブに動く。会社が変化してくれると思ったら大間違い。自分が変化を起こす核になるべきなんです。』(三木谷浩史氏:楽天社長)


昨日の勉強会でも話題に上ったのですが、日本人というのは“与えられる”ことに慣れています。小さいころから画一的な価値観を植え付けられ、自分から積極的に行動することも少ないし、“出る杭は打たれる”という言葉が物語るように目立った行動は極力避ける傾向があります。

ただ、私自身このような日本人特有の考え方は非常にもったいないと思っています。高度な教育を受けて優秀な私達日本人ですが、指示されたことしか実行しないということは、その才能の大半を使うことなく埋もれさせてしまうことになるのです。

自分で考え、失敗を恐れずに行動し続けることによってのみ、人は成長することができます。確かに人から与えられて受動的に行動することは楽かもしれませんが、長期的にみると自分の成長チャンスを逃すことに繋がります。

もし、自分が本来持てる才能を発揮し、思い通りの人生を実現したいと思うのなら、三木谷社長がおっしゃるように、上から指示されたことを受動的にこなすのではなく、自分の頭で考え、失敗を恐れずに積極的に行動することが重要になってくるのではないでしょうか。

投稿者 MBA : 2007年07月30日 09:12