« ソフトバンクモバイル、“予想外”の奇襲は成功するのか? | メイン | 朝の時間の有効活用法 »

2006年10月25日

 ■ Mixi株は割高?割安?

Mixiの株価が乱高下している。

初日は買い気配で初値がつかず、翌日公募価格155万に対して、295万の初値が付いた。その後325万まで上昇したかと思うと、10月12日には上場来安値の183万。その後も26万の上昇をみせたかと思えば、10万の下落を記録するなど、将に投資家の思惑が絡み合い、株価が定まらない状況だ。

10月24日の終値は260万円。時価総額にして1860億円だ。売上高20億円、当期利益6億円弱の企業に対してこの評価はどんなものだろうか。通常Mixiのような新興企業の株価の現在価値を求めるには10年ほどの予測財務諸表を作成して、現在価値を求めていくが、今回はシンプルなモデルで投資家の期待利回り(リスクに対する見返り)を求めてみようと思う。

1年目のフリーキャッシュフローが10億円で、今後年平均5%永続的にフリーキャッシュフローが成長していくと仮定すると次の公式が成り立つ。

1860億円=10億円÷(r-5%)

ということはr=5.5%ということだから、投資家の期待利回りは5.5%ということになる。

もちろん、正確な計算ではないので一概になんとも言えないが、期待利回り5.5%という数字を見る限りは妥当な投資ということになるのだろうか。

参考記事: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/24641/

 

 

投稿者 MBA : 2006年10月25日 08:35