« 悔いの無い人生とは?-死生観を持って生きる | メイン | Mixi株は割高?割安? »

2006年10月24日

 ■ ソフトバンクモバイル、“予想外”の奇襲は成功するのか?

今日から携帯電話の番号ポータビリティ制がスタートした。

当初は携帯各社あまり魅力のあるサービスの提供も無く、携帯キャリアを変更する人があまり現れないのではないかという予測だったが、番号ポータビリティ制開始前夜ソフトバンクモバイルが“予想外割”という将に奇襲を仕掛けてきた。

予想外割とは・・・

1.通話料0円

2.メール代0円

3.月額使用量0円(最大2ヶ月)

4.パケット定額0円(最大2ヶ月)

5.基本料9600円→2880円(永久)

(予想外割の詳細はソフトバンクモバイルのHPでご確認下さい。)

この価格を聞いただけでもかなりインパクトのある先制攻撃だ。携帯電話産業自体は費用逓減産業であり、一人の顧客の増加に対して変動費用は微々たるものであるから、このような低価格戦略も利益が出る計算になるのだろう。

ただ、費用逓減産業の価格競争は一人顧客が増えたとしても、変動費用の増加はほぼゼロに近いので破滅的な価格競争が行われる可能性も高く、規制がなければ消耗戦に突入していくので注意が必要だ。

果たして孫正義氏の桶狭間の戦いのような奇襲が成功するのか?それとも巨人ドコモや成長著しいauが反撃に出るのか?波風が立たないと予測された携帯電話市場に風雲急を告げる事態となった今回のニュース。今後の戦いから目が離せなくなってきた。

参考記事: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/24474/

参考記事: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/24520/

 

 

投稿者 MBA : 2006年10月24日 08:18