« Google躍進の理由とは? | メイン | 悔いの無い人生とは?-死生観を持って生きる »

2006年10月23日

 ■ 飽和状態の携帯電話市場でシェアアップする秘訣とは?

いよいよ、明日から番号ポータビリティ制がスタートする。

各社シェアアップに様々な策を講じているが、利用者から見て魅力的なアピールも少なく、実際にキャリアを変更する利用者はそんなに多くないのではないだろうか。

そんな中アメリカから、ディズニーの携帯電話がヒットしているというニュースが飛び込んだ。ディズニーは子供を持つ母親をターゲットにGPSを利用して携帯電話を持っている子供の居場所を常に確認できる機能や通話可能な時間、相手を制限できる機能、家庭からメッセージが届いた場合、それに返答しない限り、電話が使えなくなる機能など親にとって子供に対する心配を軽減する機能を搭載して多くの母親の支持を得てシェアを伸ばしている。

日本でも携帯保有率は75%を超え、ほぼ飽和状態になっている。シェアアップするとなるとディズニーのように、これまで利用していなかった層に、魅力ある機能をアピールして保有してもらうことが一番の近道だ。携帯3社はセグメンテーションとターゲティングをしっかり行って新たな顧客層を開拓していくことも必要になるだろう。

参考記事: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/24396/

参考記事: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/24171/

 

 

投稿者 MBA : 2006年10月23日 08:46