« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月25日
 ■ 出口戦略-M&Aオークションの利用

先日の日経新聞に、失敗した事業の店舗をオークションで販売するビジネスが今ブームになっていて、商売もリサイクルの時代になったという記事が掲載されていました。

このオークションにより、撤退する企業はその費用負担が軽くなりますし、これから始めようという企業は初期コストが安くなります。また仲介する企業は双方から手数料が入りますから、まさにWin-Win-Winモデルですね。

今回はこの記事をヒントに、出口戦略について考えてみましょう。

ビジネスを始める際にはみなさん入念な調査を行うと思います。マーケットのポテンシャルを測定したり、ライバル企業の状況を調べたりして、自社のこれから始めるビジネスがどの程度の売上や利益を確保できるか予測していきます。ところがもう一つ忘れてはいけない重要なことが・・・

それは出口を考えておくこと。

この出口には2通りあります。一つ目はうまくいった場合。事業がうまくいった場合のベストの出口戦略は株式上場です。今ではマザーズやヘラクレスなど新興企業に対して比較的緩やかな条件で株式公開を可能にしている市場もあるので、以前に比べれば株式上場という出口戦略も実現性は高くなりました。

また、株式上場とまでは行かなくても、事業がそこそこ軌道に乗れば、M&Aによる企業売却という出口戦略もあります。新興企業の企業価値は資産よりは、その成長性で判断されますから、高い成長率を維持している間に売却すれば、思いもよらない高い金額で売却することも可能です。

このように事業がうまくいけばいいのですが、通常8割から9割の事業は失敗に終わってしまいます。そこで撤退という意味での出口戦略を事前に考えておく必要もあります。事業から撤退する場合にもコストがかかるので、そのコスト分の余力を残して廃業を考えなければいけません。

実際に店舗を構えている企業にとっては賃貸店舗を原状回復させるために、少なく見積もっても数十万円から数百万円の費用がかかります。これら多額の費用が心理的な負担となり、適切なタイミングでの撤退を躊躇させ、事業による傷口を更に広げてしまう場合があるので注意が必要です。今では撤退時に店舗をオークションにかけ、販売できるというシステムもありますので、このシステムを利用すれば撤退費用を劇的に減らすことも可能です。(http://sonomama-auction.jp/

いずれにしろ、事業を始める前にすでに出口を考えながら計画を練ることは非常に重要な意味をもつのではないでしょうか。

投稿時間 : 15:47 個別ページ表示

2006年11月22日
 ■ Web2.0的なハッピーバースデー

昨日は私の誕生日でした。さすがに昨日は仕事を早めに切り上げてレストランに直行。家族で誕生日を祝ってもらいました。

いつもであれば、これで終わりという感じなのですが、今年はMixiやGreeを通して大変多くの方から誕生日のお祝いメッセージをいただきました。今年はSNSがブームも迎えましたがこのようなところにもその影響があるんですね。

昔からの友人やSNSを通してお知り合いになった方々など、心温まるメッセージをいただき本当に最高のバースデーを迎えることができました。

メッセージをいただいた一人一人に返信していたら、数時間かかってしまいましたが、インターネットを通しての人のつながりを実感した1日でした。

インターネットの弊害が社会問題になっていますが、それは使う人間側の問題であって、いいことに使えばこれほど人を幸せにするツールは他にはないとの思いを強く抱きました。

誕生日のお祝いメッセージを贈っていただいた方々にはこの場を借りて感謝の意を表したいと思います。どうもありがとうございました。

投稿時間 : 08:24 個別ページ表示

2006年11月20日
 ■ ランキング1位獲得!

はやいもので私がオールアバウトのよくわかるマーケティングガイドになって11月15日で丸一年。

そんな1周年を祝うかのように嬉しいニュースが飛び込んできました!

なんと先週お届けした『PS3即完売も、なぜ損してまで売るの?』が記事アクセスランキングで見事1位を獲得したのです!オールアバウトのガイドは現在500名近くに上り、その中でランキング1位を獲得するというのは至難の業(今までで最高順位は5位・・・)ですから、この初めての快挙を素直に喜びたいと思います。

今後は1周年を迎え新しい企画を投入するなど、引き続き支持していただけるサイトを目指して努力していこうと気持ちを新たにしてくれる嬉しいニュースでした。

ランキング1位の初めての快挙を成し遂げた『PS3即完売も、なぜ損してまで売るの?』

投稿時間 : 14:18 個別ページ表示

 ■ あなたはまだ携帯に無駄なお金を使いますか?(笑)

今回の携帯電話の機種&プラン変更で携帯電話の契約が複雑なことが理解できた。

営業店のスタッフもこちらの質問に対して本部へ連絡して確認を取るなど、携帯電話の契約に熟知している人は少ない感じがした。

利用台数は1億台に迫ろうというマーケットであるから、その契約を熟知して、契約者に最適なキャリア、プランを提案できる者がいれば立派なビジネスになるのではないだろうか?

いわゆる携帯電話コンサルタントという職業である。今は携帯電話に対する法人需要も旺盛だし、マスメディアでも取り上げられる機会も多いので、うまくいけば大化けする可能性も高いと思う。

誰か携帯電話コンサルタントを目指す方はいらっしゃいませんか?売り出し方をプロデュースしますよ(笑)

投稿時間 : 07:20 個別ページ表示

2006年11月19日
 ■ 携帯の料金体系ってなんでこんなにわかりにくいの?

昨日、妻の携帯の機種変更のためにソフトバンクモバイルの営業店を訪れた。

2G契約者にとって予想外割は予想外に高くなることは知っていたので、プランはそのまま機種変更しようとしたところ、携帯端末を購入するためにスーパーボーナスプランという携帯端末の割賦購入を勧められた。

ただし、このスーパーボーナスプランに加入すると、これまでのプランを変更しなければいけないらしい。

そこで、新しいプランを聞いてみた。

店員さんはauの価格を基準にしたオレンジプランなるものを説明してくれた。

来年の1月まではキャンペーン中で、これまでの加入期間をそのままこの新プランに適用して割引いてくれるらしい。

聞いてみるとauにはマイ割なるものがあって、加入3年目では40%割引。

オレンジプランの中で妻の状況に合ったプランはSプラン。基本料金が4500円(無料通話分2000円を含む)で通話料が30秒16円のプランだ。

このオレンジプランに今変更すると基本料金が40%引きの2700円(無料通話分2000円含む)、通話料が30秒16円になるので、いままでのプラン(基本料金が3000いくらで無料通話分が1000いくら。通話料は昼間1分40円、夜間1分30円。)に比べてかなりお得になるようだ。

予想外割のインパクトが強かったので、このようなプランの詳細まで知らなかったが、このプランのお得度には正直驚いた。私もJ-phone時代からのソフトバンクモバイルユーザーなので非常に条件のいい利用料を適用していただいているが、このオレンジプランはそれよりも更に条件のいい利用料だった。

ソフトバンクモバイルも予想外割でインパクトを与えるよりは、このオレンジプランやブループランを利用者に広く知ってもらった方がよかったのではないだろうか?

予想外割よりも予想外に安くなるオレンジプランは将に予想外だった。

(しかし、携帯電話の料金体系ってなぜこのようにわかりにくいのだろう。いろいろ聞いてみると店員もしどろもどろになるほどのわかりにくさだった(^^;)

投稿時間 : 11:23 個別ページ表示

2006年11月08日
 ■ 人はなぜ働くのか?

毎朝、満員の通勤電車に揺られながら会社に出勤し、働く。人はなぜこのように働かなければいけないのでしょうか?その答えを分類すると、5種類に分けることができます。

まず、第一グループは『生きていくため』と答える人々。生きていく上では食べる物が必要です。この食べ物を購入するためのお金を稼ぐためには仕事をしなければいけないというわけです。

次の第二グループは『より安全に、快適に暮らしていきたい』と答える人々。このグループは暑さ寒さの中でも快適に過ごせる衣服や住居など自分の生活をより安全に、より快適にしていくために働く人々です。

第三のグループは『他人と関わりを持ちたい』と答える人々。人間は一人で暮らしていくのは難しい動物です。常に誰かとどこかで繋がっていたいという欲求を持っています。その欲求を実現するために会社へ出勤するというのがこのグループの特徴です。

第四のグループは『他人から自分の存在を認めてもらいたい』という人々。このグループの人々は仕事を通して自分が価値ある人間なんだと認めてもらいたいがために働きます。

そして最後の第五のグループが『自分の能力や可能性を最大限まで引き出し自分を成長させたい』と答える人々。自分のあるべき姿を描き、その理想像を実現するために働く人々のことです。

これらはマズローの五段階の欲求に則したものですが、マズローによれば人間の欲求は「生理的欲求」→「安全の欲求」→「社会的欲求」→「自我の欲求」→「自己実現の欲求」へと進んでいきます。

これが取りも直さず人の働く理由になるのですが、自分が今どの段階にいるのか、そして次にどの段階に進まなければいけないのかを意識することにより、働く意義を認識し、次のより高い次元の欲求を満たすことが可能になります。

あなたはなぜ働くのでしょうか?そして次はどの段階を目指すのでしょうか? 

 

投稿時間 : 07:22 個別ページ表示

2006年11月07日
 ■ 高級コンビ二はアメリカで成功するか?

ファミリーマートがアメリカへ進出して、1年で10店舗出店するなど順調に業容を拡大している。

ファミリーマートは“高級コンビニ”路線でこれまでアメリカではなかったサービス提供で地元客に受け入れられているらしい。確かに私自身アメリカで生活していた時に利用したコンビニのサービスはお世辞にも気持ちいいものではなかった。店員は無愛想で、“買っていただく”というよりは“売ってやる”という態度がみえみえだった。

ファミリーマートはそのようなアメリカのコンビニ事情を分析して、よりおいしいものをお客様に届ける仕組みやお客様に少しでも気持ちよく買い物をしていただく姿勢など日本流の質の高いサービス提供をアメリカに持ち込んで成功していると言える。やはり、人間の心理と言うものは万国共通であり、気持ちよいサービスを提供すれば、リピートして利用してもらえる確率も高くなってくる。

アメリカのコンビニ業界に日本流のお客に対するおもてなしの気持ち、ホスピタリティを持ち込んだファミリーマートの今後の快進撃が期待される。

参考ニュース: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/26579/ 

 

投稿時間 : 08:40 個別ページ表示

2006年11月06日
 ■ ソフトバンク、SNS参入は吉とでるか?凶とでるか?

ソフトバンクがメディア王のマードック氏率いるニューズ社と組んでSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を開始すると発表した。

ニューズ社は世界最大のSNS「マイスペース」の日本語版「マイズペースジャパン」を今後ソフトバンクと共同で運営していく。

ソフトバンクは傘下のYahoo!で「Yahoo!Days」というSNSを運営しているため、今回の「マイズペースジャパン」により2つのSNSを運営することになる。

SNSは最近急成長している分野で、最大手のMixiはネットレイティングスの調査によって2006年5月の一人当たりの月間平均利用時間は4時間28分でYahoo!よりも1時間以上長いという統計が発表された。

平均利用時間の長時間化を狙っての参入だと思われるが、SNSの分野では既にMixiが一人勝ちの状況でありソフトバンクはこのMixiの牙城を崩すだけの秘策があるのだろうか?

また、インターネットの世界は1強多弱であるがゆえにソフトバンクも世界最大の「マイスペース」と組んでサービスを開始するのだが、なぜ今頃参入するのか?

非常に疑問に思うところである。

参考ニュース:  http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/26508/

 

投稿時間 : 15:49 個別ページ表示

2006年11月04日
 ■ クリスマス1日で200万円使う人って?

11月に入り、気は早いですがクリスマス商戦が開始されました。

そんな中クリスマス1泊200万円のホテルプランが話題を呼んでいます。東京都港区にある東京プリンスホテルパークタワーの「ラグジュアリー・クリスマス・スティ」というプランなのですが、1泊98万円のロイヤルスイートルームにクリスマススペシャルディナーが提供されるそうです。

昨年から開始して昨年はとうとう売れずじまいだったとか・・・

今年は景気も回復基調だし、利用者が現れるのでしょうか?利用者は望めば、ニュースとかで取り上げられるんでしょうね。会社の宣伝と思えば200万円も安いかもしれませんが・・・

参考ニュース: http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/other/26110/ 

 

投稿時間 : 07:43 個別ページ表示

2006年11月03日
 ■ 予想外割は予想外に高い?

携帯電話の番号ポータビリティ制度実施以降、ソフトバンクモバイルのゴタゴタが続いています。

通話料、メール「0円」を謳った予想外割は宣伝文句に消費者を誤解させる可能性があるとして公正取引委員会が調査に乗り出しました。

実際、私達夫婦は共にソフトバンクのユーザーなのですが、使い方を分析してみると、今予想外割に乗り換えたとしてもこれまで以上の料金になるということが判明しました。発表時の「0円」のインパクトにしては“予想外”に高いという結果です。

今回ソフトバンクモバイルはマーケティング上どのような失敗を犯したのでしょうか?オールアバウト「よくわかるマーケティング」の記事にしてみましたのでよろしかったらどうぞ。

■ ソフトバンク、予想外割で予想外の事態に?

 

投稿時間 : 17:31 個別ページ表示

2006年11月01日
 ■ 朝の時間の有効活用法

今日から11月。

今年も後2ヶ月となったわけで、時の流れってほんとに速いですね。こんなことだとすぐにおじいちゃんになって一生を終えるということになりかねないですね・・・(^^;

さて、話は変わって今日からちょっとした変化があります。それは通勤時間を1時間早めたということ。これまでは6時起床の7時過ぎに自宅を出るという習慣でしたが、今日からは5時起床の6時過ぎに自宅を出るというスタイルに変更しました。

今日初めてだったのですが、まず通勤電車で疲れることがなくなりました。さすがに座れることはないのですが、7時台の満員電車に比べれば、6時台はがらがらでストレスが溜まることがありませんでした。

一仕事終えても9時ですから、通常だと満員電車で疲れて出勤してこれから仕事に取り掛かろうという時間ですね。

やはり昔の人が言ったように早起きは三文の得といったところでしょうか。朝の時間は絶対に有効活用すべきです。今月は早朝の勉強会もあるし、この早起きのスタイルを定着させていきたいと思います。

いやー、早起きってちょー気持ちいい!(ちょっと古いでしょうか?(^^;) 

 

投稿時間 : 08:56 個別ページ表示