« 高級コンビ二はアメリカで成功するか? | メイン | 携帯の料金体系ってなんでこんなにわかりにくいの? »

2006年11月08日

 ■ 人はなぜ働くのか?

毎朝、満員の通勤電車に揺られながら会社に出勤し、働く。人はなぜこのように働かなければいけないのでしょうか?その答えを分類すると、5種類に分けることができます。

まず、第一グループは『生きていくため』と答える人々。生きていく上では食べる物が必要です。この食べ物を購入するためのお金を稼ぐためには仕事をしなければいけないというわけです。

次の第二グループは『より安全に、快適に暮らしていきたい』と答える人々。このグループは暑さ寒さの中でも快適に過ごせる衣服や住居など自分の生活をより安全に、より快適にしていくために働く人々です。

第三のグループは『他人と関わりを持ちたい』と答える人々。人間は一人で暮らしていくのは難しい動物です。常に誰かとどこかで繋がっていたいという欲求を持っています。その欲求を実現するために会社へ出勤するというのがこのグループの特徴です。

第四のグループは『他人から自分の存在を認めてもらいたい』という人々。このグループの人々は仕事を通して自分が価値ある人間なんだと認めてもらいたいがために働きます。

そして最後の第五のグループが『自分の能力や可能性を最大限まで引き出し自分を成長させたい』と答える人々。自分のあるべき姿を描き、その理想像を実現するために働く人々のことです。

これらはマズローの五段階の欲求に則したものですが、マズローによれば人間の欲求は「生理的欲求」→「安全の欲求」→「社会的欲求」→「自我の欲求」→「自己実現の欲求」へと進んでいきます。

これが取りも直さず人の働く理由になるのですが、自分が今どの段階にいるのか、そして次にどの段階に進まなければいけないのかを意識することにより、働く意義を認識し、次のより高い次元の欲求を満たすことが可能になります。

あなたはなぜ働くのでしょうか?そして次はどの段階を目指すのでしょうか? 

 

投稿者 MBA : 2006年11月08日 07:22