« 新年のご挨拶 | メイン | 2008年、夢を実現する効果的な方法とは?【2】 »

2008年01月02日

 ■ 2008年、夢を実現する効果的な方法とは?【1】

2008年も明けて“1年の計は元旦にあり”ということで、みなさん今年の目標を立てたことだと思います。今回は目標の効果的な達成方法についてお伝えしたいと思います。

■ 目標は明確にすればするほど達成確率が高まる!

みなさんは2008年、どのような目標を立てたでしょうか?

経営者の方でしたら売上をアップさせるとか、営業マンの方でしたら人脈を増やすというような目標を立てたかもしれません。これはこれで素晴らしい目標だと思いますが、確実に目標を達成したい場合は、より目標を具体的にしていかなければいけません。目標は明確にすればするほど達成する確率が高まってくるのです。

たとえば、売上をアップさせるという目標を立てても具体的にいくらアップさせるのか数字を決めなければ、目標を達成するための行動計画も立てない可能性も高く、掛声だけで終わってしまいます。昨年より10億円アップや50%アップなど具体的に数字で表すことによって、数値目標を達成するための具体的な行動計画に落とし込むことができます。

人脈を増やすという目標に対しても同じ事が言えます。ビジネスパーソンであれば誰でもビジネスに役立つ人脈を増やしたいと思うのは当然ですが、どんな人脈を、何人増やしたいというように具体的に目標を定めなければ、ただ単に名刺を集めて終わりということになりかねません。“ベンチャー経営者50人と人脈を築いて営業成績を50%アップさせる”というように目標と目的を明確にすることにより、目標を達成するまでの経過や結果をトレースできますし、目標達成へのモチベーションを維持することも可能になります。

目標設定のノウハウとしてSMARTの法則(*)というものがありますが、このようなフレームワークを利用して2008年の目標をより明確にしていくことによって今年を充実した素晴らしい年にできるではないでしょうか。

(*)SMARTの法則
S=Specific(具体的な)
M=Measurable(計測できる)
A=Achievable(達成できる)
R=Relevant(個人や組織にとってインパクトのある)
T=Time-bound(期限のある)

参照:Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/SMART_(project_management)

<具体的で無理のない(達成できる)目標の事例>
2008年12月31日までに(T)ベンチャー企業の経営者(S)50人(M)対してビジネスのアドバイスを行い(R)良質な人間関係、人脈を築く。(A)

 

投稿者 MBA : 2008年01月02日 09:52