« 2008年、夢を実現する効果的な方法とは?【1】 | メイン | マーケティング講座開催! »

2008年01月03日

 ■ 2008年、夢を実現する効果的な方法とは?【2】

今回も前回に引き続き目標達成の確率を大幅にアップする秘訣についてお届けしていきます。

■ 目標を立てたら一人でも多くの人に伝えよう!

前回は達成しやすい目標の立て方についてお伝えしましたが、今回は目標を達成するためのちょっとしたコツをお届けしましょう。

目標の立て方も人によっていろいろなパターンがあると思います。頭の中だけで“今年はこれを達成したい!”と願う人、紙に目標を一つ一つ書いて管理する人。それは各人のパーソナリティなので、自分に最も適した方法で行えばいいと思うのですが、目標を立てた時に必ずやっていただきたいことがあります。


それは一人でも多くの人に自分の目標を宣言すること。


日本では不言実行が美徳とされていて、いくら素晴らしい目標を立てても誰にも言わない人の方が多いかもしれませんが、本当に目標を達成したいと心から願うので一人でも多くの人に自分の目標を知ってもらう必要があります。

この目標宣言は2つの観点から効果を発揮します。

一つは人に言った手前、目標を達成しなければ恥をかくという意識が働くことです。この人間の習性は心理学では“一貫性の法則”と呼ばれています。人は一度自分で発した言葉や行動に一貫性を貫くという性質を持っているということです。

たとえば、仕事を与えられた時に、“今週中に仕上げます”と上司に宣言したら、何が何でも期日までに仕上げるために頑張るはずです。人は一度口に出してしまえば、その言葉を実現しようという責任感が強くなるのです。

もう一つの効果は、これは非常に重要なことなのですが、多くの人に自分の夢や目標を伝えることによって、それを達成するのに十分な力を持った人が共感して、助けてくれるということです。自分の能力を超えた高い目標を立てた時に、それを自分一人で達成するには困難が伴います。自分で精一杯の努力を行った後でどうしても達成できないと感じた時には、目標を諦めるのではなく、力を持っている人に助けを請えばいいのです。目標とは自分一人で達成するという考え方を捨て、他人に助けてもらっても目標を達成すればいいと思えばいくら高い目標を立てたとしても少しは気が楽になるかもしれませんね。

この他人の力を借りて目標を達成した事例として昨年の私の経験をお伝えしたいと思います。

昨年、私の一つの目標としてテレビにコメンテーターとして登場するということを掲げました。その目標を6月23日のメールマガジンに書いて配信したところ、なんと1ヶ月もしないうちにテレビ東京のワールドビジネスサテライトから7月16日のMBA特集でコメントが欲しいとのオファーをいただきました。


6月23日、目標の宣言 http://blog.mag2.com/m/log/0000108470/108685317.html
7月16日、テレビ出演 http://blog.mag2.com/m/log/0000108470/108764000.html


テレビ出演という目標は私一人の中で考えていたとしても、実現することは非常に難しい目標です。ただ、インターネットという非常に多くの人が利用するメディアを利用して、目標を多数の人に宣言するだけでその目標を達成できる力を持った人が向こうから現れ、その目標を実現してくれたというわけです。

もちろんこのことは目標達成を全て他人任せにするということではなく、自分なりに一生懸命努力した上で、後は他人の協力を仰ぐということです。『人事を尽くして天命を待つ』ですね。

今やインターネットが発達して一個人の発言を不特定多数の人が簡単に見られる時代ですから、高い目標はブログなどで宣言して、共感してもらえる協力者を待つことも目標達成の有効な方法と言えます。

いずれにしろ、目標を立てたら一人でも多く人に伝える。そうすることで飛躍的に目標達成の確率が高まることは間違いありません。

投稿者 MBA : 2008年01月03日 09:55