« 2007年、ビジネスプランの頂点に輝くのは?“第1回BP-1グランプリ!”開催! | メイン | 2008年、夢を実現する効果的な方法とは?【1】 »

2008年01月01日

 ■ 新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。今年1年が皆様にとりまして素晴らしい1年となりますよう心よりお祈り申し上げます。

さて、2007年を振り返ると格差が社会問題化し、『勝ち組』と『負け組』の収入格差がクローズアップされた1年でもありました。この格差問題では年収を基準に『勝ち組』と『負け組』というレッテルが貼られるわけですが、私達はこの『勝ち組』と『負け組』を世間とは違った視点で捉えています。

確かに手にするお金というのは『勝ち組』・『負け組』の一つの基準にはなりますが、人生はお金だけではありません。私達は基準をもっと大きく、『勝ち組』というのは自分の人生においてどんな些細なものでもいいから、夢や目標を描いて達成できた者、そして『負け組』とは夢や目標を途中で諦めた者と考えています。

つまり、自分の夢を諦めてしまえば、その時点で『負け組』が確定しますが、夢を諦めなければ自分の生涯を閉じるまでは、誰からも『勝ち組』や『負け組』というレッテルを貼られる筋合いはないということなのです。

ですから、たとえ何度失敗しようが『負け組』と自分を恥じることは全くありません。失敗とはあくまでもその時点では実現できなかったということであり、夢を諦めずに挑戦し続ける限りは『チャレンジャー』として『勝ち組』という栄誉を手にする資格を保有し続けるのです。

私達MBA Solutionはこの考えに基づき、何ら力を持たない者でも『勝ち組』になれることを実証するために昨年6月22日に資本金1円で法人化致しました。今後は日本初となる資本金1円から株式上場という高い夢に向かって失敗し続けても諦めずに『チャレンジャー』として『勝ち組』を目指して挑戦し続けて行きたいと思います。

お陰さまで、設立より半年が経過致しましたが、多くのお客様のご愛顧とご支援を賜り、設立当初より黒字化を達成することができました。資本金1円ながら無借金にて順調に業績を伸ばしております。

本年は私達のミッション“負け組ゼロ社会の実現”を達成する足掛かりとして、より社会に価値を提供すべくソーシャルエンタープライズ(社会的企業)として更なる成長を目指して参ります。

近年は企業の目的は“お金儲け”という風潮がございましたが、私達MBA Solutionは企業が存在する目的は“社会にいかに価値を提供するか”と考えています。儲けというのはあくまでも企業にとっては結果であり、お金だけを目的にしては“関わる者全てをハッピーにする”というビジネスの本質から逸脱してしまうからです。

私達がこのような実績を残すことができたのは、一重に真摯に相応の社会的価値を提供する姿勢をお客様から評価いただいた結果であり、今後とも“お金儲け”を目指すのではなく、価格以上の価値を提供するなどより一層の社会的価値創造に努め、結果として業績向上につなげたいと思っております。

2008年もお客様と一緒に歩み、日々改善したサービスをお届けできるよう尽力して参りますので温かく見守っていただければ幸いでございます。

本年も昨年と変わらぬご高配を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


平成20年1月1日

株式会社 MBA Solution
代表取締役 安部徹也

投稿者 MBA : 2008年01月01日 09:36