« 静岡FMに出演しました! | メイン | ボトルネック読書法が1位を獲得! »

2008年08月20日

 ■ 本は読むな!ボトルネック読書法
最近はビジネス書ブームで雑誌などを読むと本をたくさん読めと薦めている方も多いですね。

私自身、本をたくさん読んで人生が変わった人間なのでこの意見に異論はないのですが、最近ちょっと考え方が変わってきました。

つまり、本はある一定の量をこなせば後はあまり読む必要がないということです。

読書で重要なことはまずは全体的な知識を豊富にすること。この段階では多くの書籍を読む必要があります。

ただ、ある一定のレベルまでに達したら、後はいくら本を読んでも得られるものが少なくなり、時間の無駄に終わることが多くなります。(物事の本質というのは共通しているので、切り口が違うだけで本質は何ら変わるものではないという理由です。)

制約理論というものがありますが、多読の時期が終われば、今度は自分が何を望んでいるのかを明確にして達成までのプロセスを細分化し、どこがボトルネックなのかを発見する必要があります。

そして、今度は集中的にボトルネックの部分の知識を得るための読書をする必要があるのです。

ビジネス書というのは内容を実践に活かして成果を上げることが目的です。この観点からビジネス書というのは成果向上に非常に役立ちます。ただ、ボトルネック以外の知識の吸収はアウトプットにほとんど影響がないのでボトルネック以外に関する書籍は読んでもあまり意味がありません。

まず量をこなしたら次は質、特に自分が望む結果を出すためにネックになっているプロセスに関する書籍を厳選して読むという読書が最も効率的な読書法になるのではないでしょうか。

これを私は『制約理論(TOC)に基づくボトルネック読書法』と名付けました。(笑)

投稿者 MBA : 2008年08月20日 07:53